読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スズキ|新型エスクード】 一晩置くとでブレーキが固くなる現象

アイドリングストップ後のエンジン再始動時の不具合修正 

こんにちはjingajingaです。

先週の日曜日アイドリングストップのプログラム不具合のエスクードのサービスキャンペーンについて|スズキでディーラーに車を出してきました。 

そのついでに、以前から気になっていた現象を見てもらうべく検査入院をしようと思っていたのですが…

現象というのは、長時間(最短で4時間)車を放置するとブレーキペダルが固くなりエンジン始動時のブレーキ踏み込みを強く行言わないとできないという現象。

 

マスターバックの負圧が無くなるのが原因らしい

残念なことに、試乗車でも同じ現象が出ておりました。

まぁこの時点で仕様かとも思いましたが、一応説明を受けました。

説明によると倍力装置(マスターバックとも言われている)の負圧が抜けてしまうのが原因らしいが、特に故障ではないとのこと。

倍力装置のことは聞き覚えあったが実際に故障したことや今回のような症状になったことがないのでピンと来ていなかった。

一応ディーラにはメーカーへの要望としてお願いしてきたがおそらく無償交換はないだろうね。

 

スズキさん対策品出してくださーい ⇒ 対策実施してみました。